グローバルマーケティングチャレンジ グローバルマーケティングチャレンジ
テーマ
世界のコミュニケーションツールを調査せよ!
開催日時
※2日間セットのプログラムです。下記時間帯以外にも各自でインタビューを実施(30分程度)して頂きます。
720日(水)19:00~20:30 & 726日(火)19:00~20:30
締切日時
717日(日)17:00
定員
定員100
(お申し込み多数の場合は抽選とさせて頂きます)
参加費
無料

日本では、すでに固定電話が激減し、メールや携帯での通話も、ビジネス以外ではかなり減ったように感じます。世代に関わらず、SNSの利用者が増え、家族間においてもSNSを利用したコミュニケーションがあたりまえのものとなっています。
では、グローバルに目を向けたとき、世界の様々な国では今の時代どんな手段でコミュニケーションがとられているのでしょうか?
まだまだ対面が中心の国、電話やメールが主流の国、対面から電話やメールを飛び越えてSNSに移行した国、日本ではなじみのないSNSが普及している国。
また、家族間、友人、親子、仕事など、利用されているツールも、利用方法なども日本とは異なる考えや温度感があるかもしれません。
世界の国の人々へのインタビューを通じて、文化や価値観の違い、インフラ事情の違い、生活圏の規模などさまざまな背景が見えてくることと思います。

今回のグローバルマーケティングチャレンジでは、「世界のコミュニケーションツールを調査せよ!」をテーマに、世界のコミュニケーションツール事情を取材して、その情報を共有して知見を広めるとともに、そこから考えられる将来のビジネスの可能性をディスカッションしてみたいと思います。

参加申込はこちらから【締め切りは7月17日(日)17時】east
ワークショップ参加条件
※年次や英語力は特に不問です。
  1. GlobalCareer.com会員の方
  2. 2日間とも参加可能な方
  3. DMM英会話(https://eikaiwa.dmm.com/)の「無料体験」へご登録頂ける方
    (2回の無料体験がありますので、ワークショップでその枠を利用します)
    1. 過去にすでにDMM英会話の無料体験を実施している方、すでに有料会員の方は、お申込画面でDMM英会話ユーザーIDをお知らせください。ワークショップ用の無料枠を付与させて頂きます。
    2. 無料体験へのご登録にクレジットカードなどの情報の入力は必要ありません。無料枠利用後に、自動的に課金されるようなこともありません。
    <DMM英会話の「無料体験登録」が必要な理由>
    当ワークショップでは、海外に在住する方の生の声をヒアリングする、また、英語でのインタビューにチャレンジして頂くという目的で、海外に在住する方へのインタビューを実際に行って頂きます。そのインタビューを実現するために、DMM英会話のもつ世界120か国の英語講師のネットワークを利用させて頂いています。インタビューは「英語学習のレッスン」の枠で行うため、インタビューの予約からインタビューの実施まで、DMM英会話のサービスを利用して頂くことが必要になります。
  4. Googleアカウントをお持ちの方
    当ワークショップでは、ヒアリングしたことをグループでまとめる際に、Googleスライド(もしくはGoogleドキュメント)を使います。 したがって、参加にあたっては、「Googleアカウント」が必要となります。 お持ちでない方は参加当日までにGoogleアカウントの取得をお願い致します。
ワークショップの流れ
1日目(90分)
1

オリエンテーション(15分)

ワークショップ全体の流れや、インタビューでの質問例、英文例などを説明します。
2

グループディスカッション(20分)

グループに分かれて、自己紹介にはじまり、テーマに関して現在持っている知識の共有や、仮設立てを行って頂きます。
3

特別講義(20分)

今回のワークショップをどのように就活に活かしていくか、このあとの行動につなげてほしいかなど、講師からお話します。
4

グループディスカッション(20分)

グループ内で、どのようなことが知りたいかなどを整理し、質問項目を決めて頂きます。インタビュー内容をまとめるドキュメントを準備します。
5

質疑応答・次回に向けて(10分)

ワークショップのこと以外でも、講師への質問があれば何でも聞いてください。 インタビュー実施方法の説明と、次回に向けた準備についてご説明して1日目終了となります。
各自で、2日目の開催までにDMM英会話の無料枠の1つを利用してインタビューを実施してください。(30分程度)
ヒアリング内容をドキュメントへ記載してください。
2日目(90分)
1

2日目オリエンテーション(10分)

2日目の進行の流れについて説明します。
2

グループディスカッション(30分)

グループに分かれて、集まったインタビュー結果について共有して頂きます。その後、そのヒアリング内容をもとに、どんなビジネスの可能性が考えられるか、アイデアを出しあってまとめてください。
3

発表(30分)

各グループのまとめたアイデアを発表して頂き、参加者全員で共有します。
4

振り返り(10分)

グループに戻り、他のグループの発表を受けて、感想や反省点、さらに調べてみたいことなどを共有して頂きます。 もう1回のインタビューで何を聞きたいかを決めます。
5

まとめ・質疑応答(10分)

ワークショップ全体を振り返って、講師からまとめのフィードバックをします。質問などがあれば何でも聞いてください。
2日目終了後、1週間以内に、再度DMM英会話の無料枠のもう一つを利用して、追加インタビューを実施してください。
ヒアリング内容をドキュメントに記載して頂き、その共有を持ってワークショップ終了となります。 (ドキュメントは1カ月間公開しています)
ワークショップ終了
今回感じたことや考えが変わったことなどがあれば、ぜひGlobalCareer.comの「自己PRや海外経験」などに記載してください!
ドキュメントは、1カ月間公開していますので、必要に応じてダウンロード等をして保存してください。

参加申込はこちらから【締め切りは7月17日(日)17時】east
よくある質問

グループディスカッションの部分は英語ですか?日本語ですか?

グループディスカッションは日本語で行います。また、全体共有、発表も日本語です。

テーマに関する知識が乏しいのですが、参加して大丈夫でしょうか?

最初のレクチャーパートで必要な基礎知識を分かりやすく解説しますし、試験ではないので、知識ではなく思ったことやヒアリングして知ったこと、学んだことを仲間と共有してください。ですので、たとえテーマに関する知識ゼロであったとしても安心して参加してください。

1年生(1回生)ですが、参加して大丈夫でしょうか?

もちろん大丈夫です。このワークショップは学年問わず参加できる内容です。1年生や2年生の方も大歓迎です。

英語のリスニングに不安があります。参加して大丈夫でしょうか?

心配は全くいりません。相手は、英会話を教えるプロの講師なので、あなたが聞き取りやすい速さで話してくれます。また、チャットボックスに文章を書いてもらうこともできます。

英語のスピーキングに不安があります。参加して大丈夫でしょうか?

もちろん大丈夫です。質問文は、準備の講義の段階で、予め英訳しておきます。会話でよく使う文章も全て、英訳したものを用意しますので、それを利用してください。思っている以上に通じることが分かり、きっと楽しくなるはずです。なお、言い間違いも全く問題ありません。正しい言い方をチャットボックスに書いてくれます。

ディスカッションはあまり経験したことがなく、うまくできるか心配です。

大丈夫です。これは試験ではありません。だから、自分のペースでリラックスして参加してください。最初のレクチャーで、ディスカッションが楽しく盛り上がる方法を具体的に指導しますので、どなたにも楽しんで頂けると思います。

参加者からのコメント

本日のワークショップのように英会話サイトを利用して多くの外国の方にマーケティング調査できることは初めて知りました。英会話の先生はとても親切で、親身に私の質問内容に応えてくださいました。志望する企業の商品やサービスに尋ね、その国でビジネスを展開できるかを考えたりする。こういったこともやって、面接などで自己アピールに利用したいと思いました。

他のチームのプレゼンを客観的に見た時、現地の人のインタビューが根拠にあると調査力と説得力に圧倒的な高さを感じました。今回はじめてDMM英会話に挑戦しましたが25分という時間でこれほどまでに充実した学びの多い時間になるとは思っていなかったので正直、驚きました。今後、ビジネスモデルをエントリーシートに書く際やグループディスカッションで考える際に活用していきたいです。

最初は議題が難しいなと思いましたが杞憂でした。海外の方にインタビューして、共通点やそれぞれの国の嗜好を発見出来ました。本番でもこれらをもとに戦略を立てていこうと思います。この度は貴重な機会を設けていただき、誠にありがとうございます。

学びの多い時間でした。国際マーケティングを考える時に実際にDMM英会話を活用して外国人にインタビューする方法は大変興味深かったです。ビジネスモデルを提示する際に説得力が倍増し、効果的だと感じました。

今回のワークショップでは、海外マーケティングについて体験的に学ぶことができ、とても為になり、かつ楽しかったです。業績向上のためには国内だけではなく海外まで目を向けて戦略を立てる必要があることがよくわかりました。

今回のワークショップでは25分間のインタビューでしたが、海外市場をターゲットにビジネスを展開している企業では、これ以上に消費者に対する聞き取りなどを行っていると思います。このワークショップで学んだ内容は、就活だけでなく、企業に入社してからも有効活用できると思いました

国際マーケティングの手法が斬新で、楽しかったです。グループで明確化すべきことをまとめて、それに沿った質問を考えるのも、現状分析の深化につながりました。また、英語を勉強することと、実際に海外の人と話すことは別物だと感じました。後者の能力を高める努力もしていきたいと感じました

今回は国際マーケティングを実践的に、楽しく学べました。講義時間内にインタビューをすると聞いて、はじめはとても驚きました。しかし、その場で実際にやることで自信と実践力につながったと思います。コロナ禍でスピーキング力が落ちたことも実感しましたが、それ以上の収穫でした。

本日学んだことで印象に残ったことは、2つ挙げられます。①国際マーケティング体験の有用性、②英会話の楽しさです。①に関しては、外国人へのインタビューから企業の海外展開におけるビジネスモデル考案というのは非常にやりやすく、有用であると思いました。新たなビジネスモデルを考える際に非常に参考になる経験や情報を手に入れることができました。②に関しては、意外と英会話が楽しいものだと思いました。相手が英会話のプロの講師ということもあり、話が途切れることなく続き、面白かったです。今後も有効活用できればと思います。

本日はありがとうございました!英会話をすることになり、この一年間で一番驚きました。けれど、貴重な経験をすることができ、受講して本当に良かったです。インタビューでは私が想像していた以上にヨーロッパの方は「健康的な食生活を志向していること」が分かりました。また「いくつかの飲料の価格の安さ」に驚きました。

銀行の利用法やファイナンス教育の状況が日本と異なることを学びました。一番驚いたことは〇〇国の若者の多くはキャッシュレス決済を利用しており、講師の方自身も現金を全く所持していないとおっしゃっていたことです。他のグループの発表でも、国ごとに日本との類似点や相違点があることを知り、企業が各国の特徴を掴んだうえでビジネスを行う必要性に気づきました

参加申込はこちらから【締め切りは7月17日(日)17時】east